どうして夏は終わるんだ

ジャニーズWESTを、重岡くんを、考える。

おいでよ!重岡大毅の沼!〜重岡担の私が本気出して自担をダイマしてみた〜

 

 

このブログに興味を示し、このページを開き、目にしてくださっているあなたの脳に心に、いやもっと奥深く、本人ですらコントロールできないあなたという人間の本質部分に向けて直接語りかけています。

 

このページに辿り着いた理由がなんであれ、出会えて嬉しいです。

こんにちは。シゲルと申します。

 

 

季節は秋。皆様いかがお過ごしでしょうか?だんだんと昼は短くなり、朝夕にはヒンヤリとした風が吹き込むようになってまいりました。金木犀の良い香りもするようになりましたね。

 

読書の秋、食欲の秋、芸術の秋。

世間では秋は何かを始めるにはうってつけの、過ごしやすい季節だと言われています。

皆様は何か新しいことを始めるご予定はありますか?

 

えっ?特に決まってない?

ヨッ!その答え待ってた!!!

 

そんなあなたに今回私が提唱したい秋のおすすめの過ごし方はこちら。

 

 

デン!

ジャニーズWESTの秋

(ここで拍手のSE)

 

ジャニーズWESTの秋とは?何ぞ?とお思いの方がおられるのは想定内だ。少々説明の為お時間を頂戴したい。

 

このジャニーズWESTというジャニーズ事務所所属のアイドルグループ、メンバー7人のうち夏生まれが5人もおり、かつサマーソングをたくさん持ち歌として持っているにも関わらず、1st Tour パリピポ(2015年5月〜6月)以来夏にコンサートを開催していないのである。2018年もファンの「夏コン!野外!夏生まれのお誕生日お祝い!」という願いは虚しく、夏のツアーは叶わなかった。それは来年のデビュー5周年に期待するとしよう。

 

ジャニーズWESTのコンサートというとラッキィィィィィィィ7(2016年1月〜4月)以降ここ数年、おおよそ1月〜5月前後という期間、つまり大枠で言えば冬にコンサートツアーを行なっている為、ファンの中ではそろそろツアーのお知らせが来るのでは……と日々ソワソワする時期に差し掛かっているのである。

 

 

そう、

ジャニーズWESTを始めるには今、この秋が非常に良いタイミングなのだ。

(気になる→すぐ現場 は好きを加速させるよい材料となります。現場は熱いうちに行け、ですぞ。)

 

何かを始めるにはうってつけの秋、

皆さんでジャニーズWEST、はじめませんか?

 

 

 

ジャニーズWEST

(2014年4月23日 「ええじゃないか」でデビュー)

 

f:id:something_ever_after:20181010222002j:image

(インパクト重視)

 

左から

中間淳太(1987年10月21日生まれ)

ジャニーズWESTのブレイン、いじられがちな最年長。運動が少々苦手で、ジャニーズ運動会前のコンサートMCにて「お母さんに連絡帳書いてもらって休もっかな」。将来に繋げる為の勉強の時間を惜しまない努力家、グループの成長を牽引している。

神山智洋(1993年7月1日生まれ)

作詞、作曲、振付もできる多彩な彼、なんでもそつなくこなす器用さ。オシャレが大好きで見るたびに髪色が変わる。かつてJr.時代尖っていた時期を経て(通称ジャックナイフ)今では穏やかなWESTのオカン的存在。感受性が豊かで笑うと猫みたいに細くなる目が可愛い。

藤井流星(1993年8月18日生まれ)

その名の通り流れ星を瞳に宿している「生きる美術作品」。そんな彼の中身はとんでもない天然。口に水を入れていることを忘れて喋り出すことも。いい意味で何事にも一線をおいている印象。物事を冷静に、かつ俯瞰的に見られる為メンバーからの信頼が厚い。

重岡大毅(1992年8月26日生まれ)

言わずと知れたジャニーズWESTの魂、唯一無二のセンター、絶対的エース!!!左頬にだけできる笑窪は天使の印!コラコラ、歯の数はみんなと同じですぞ!誰のことも傷付けない優しい言い回しをいつだって当たり前に選んでくれるあったかい、熱い男。

小瀧望(1996年7月30日生まれ)

ジャニーズ1の長身、ジャニーズWESTが誇るFINEBOYS専属モデル!人類初の2.5枚目というポジションを確立しており、彼の繰り出すボケはクセになる。顔が半端なく良い上に賢く、最年少ながら仕事への強い思いやこだわりを持つ。天はどう考えても二物を与えた。

濵田崇裕(1988年12月19日生まれ)

寝ても覚めても釣りブーム継続中。超なで肩。器用なタイプではないように見えるが、ひとつひとつを丁寧にこなし、いつでも一生懸命な彼の真っ直ぐな言葉にみんな救われている。「皆様に悪いことは少なめに、とても良いことばかりが起こりますように!」

桐山照史(1989年8月31日生まれ)

趣味はダイエット、特技はリバウンドでお馴染み、ただ彼は実物見るとめっちゃ顔小さい。独特な笑い声にはついつられてしまう。優しいが故に傷付いてしまうことも少なくないだろう繊細な感性の持ち主。よく通る声を武器に近年は舞台でも大活躍!

 

(すべて私調べ)

 

どうにか6行以内に、と思いながら簡単にメンバー紹介させていただきましたが、本来であれば1人の紹介につき数時間ずつはいただきたいところ。ブログに認めるとなれば何万字書けば良いか見当もつかない。そのくらい魅力的な7人で構成されているジャニーズWEST

私はこのジャニーズWEST重岡大毅さんを所謂「自担」として、毎日楽しくオタク活動に勤しんでおります。

 

少々唐突ではありますが、今回このブログを見てくださっている皆様に、今日より明日、明日より明後日と今よりもっともっと重岡大毅さんを好きになってもらうべく、この記事を書くことにしました。

私がこの記事を書くことに何か意味があるのかと聞かれるとよくわかりませんが、重岡担しか知らないなんて勿体無いなと。

重岡くんはとても魅力的な人なので、たくさんの人に知っていただけたらなぁ、なんて思いながら、書き連ねていこうと思います。

しばし、お付き合いくださいませ。

 

 

 

みんなおいでよ!重岡大毅の沼!

(どうぶつの森的な意味で)

 

f:id:something_ever_after:20181011010427j:image

 

 

 

沼その1:無限の語彙力想像力

 

ど真ん中の魂は俺(Myojo 2018年9月号 1万字ロングインタビュー内)

熱には熱を、愛には愛を返せるそんな大人になりたいと思います(ラッキィィィィィィィ7ツアー 宮城公演挨拶)

今、100%がんばれば、未来の自分が絶対引き上げてくれる(2016年3月 日本映画navi)

 

決して難しい言葉を並べるわけでない。けれど、その時その時の自分にどストレートに刺さる言葉を重岡くんはいつも口にします。私はとてつもなくそれが好きです。

私たちファンを鼓舞するようなエールを力の限り叫んでくれることに、どれほど救われているか。

 

綺麗な花にはトゲがある 、見抜いたのは僕だけだったの

 

こちらも重岡くんが数年前のジャニーズWebの連載「なにわぶ誌」にてポロリと投下したエモーショナルな一文です。

これだけ何も知らずに見たら、なんて胸を刺す一文なんだろうって、そう思いません?

 

これですね、きゅうりのことを言ってたんですよ。いやほんと脳内どないなっとんねん。

重岡くんが苦手なきゅうり、僕はきゅうりを愛せないと、そういうことだったんです。

きゅうりの花は綺麗な黄色の花を咲かせますが、最終的には重岡くんの苦手なきゅうりの実をつけちゃうんだもん。

 

そんなこともあり、表現力の豊かさもチラホラと垣間見えるようになったことで「いつか作詞を!」とファンから声も上がっていた重岡くん、ついに2018年発売WESTivalで作詞に挑戦し、「乗り越しラブストーリー」という名曲をこの世に爆誕させました。

 

君と僕の切符〜自担がラブソングを作詞しました〜 - どうして夏は終わるんだ

※深読み芸人こと私が「乗り越しラブストーリー」について熱く考えた回

 

重岡くんは小説の一節のような、含みを持たせた表現をするのがとても上手なんです!読書量が伺えますな……

こちら側がいろんな解釈ができるような、宇宙みたいな広がりを持つ言葉を生み出す人だなといつも思います。

 

 

重岡大毅という人間にだんだん興味が湧いてきませんか?私はとても湧く。(早口で一息)

 

そんな重岡くんが口にした言葉の中で最も印象的で、すごく素敵だなと思ったものが2016年12月24、25日に京セラドーム大阪で行われたジャニーズWEST 1st ドームLIVE 24から感謝届けますでの言葉。

10年前に先輩のバックでついた京セラドーム公演、いつか自分も…と夢見ていたその頃の自分がそこから見てる気がして。と漏らしたこと。

「見てる?おーい!」といつもの笑顔でおどけて舞台袖に向かって手を振っていた重岡くん。この10年にどんなことがあってどんな思いをして、どんなことを思い返しながら舞台袖でこちらを見ている10年前の自分に手を振ったんだろう。

 

重岡くんの素敵な言葉に触れられるのはコンサートでの挨拶が多かったりするので、是非……是非、ジャニーズWESTの現場にて体感してください…!!!

 

 

 

沼その2:幸せを運ぶだっきゃんスマイル

 

f:id:something_ever_after:20181011021404j:image

 

重岡大毅+笑顔=世界平和

この方程式だけでも、よかったら覚えて帰ってください。

だっきゃんスマイルと称されるほど、見るもの全てを幸せな気持ちにしてくれる重岡くんの笑顔。

 

f:id:something_ever_after:20181011021529j:image

 

目を細めて、めいっぱい口を開けて笑う重岡くんは私の目にはいつだってキラキラして見えます。

今を確実に生きているのに、なんだか儚い。この一瞬は今しか出会えないのかなと、そう思わせるような笑顔だなといつも思います。

 

 

 

沼その3:その後の彼の幸せを願わずにはいられない・自然すぎる演技

 

今回比重を置いてお話したいところはココ。今まで散々文字数を使って話しておいてここで一番話すんかい、と私自身も思っています。

重岡くんはジャニーズ入所後、数々のドラマに出演していますが、その中でもデビュー後出演したものに関して触れていきたいと思います。

 

 

海老沢ゆずる

(2014年9月〜 「ごめんね青春!」)

 

f:id:something_ever_after:20181011123629j:image

 

またの名を、愛すべき爆イケ高校生。(呼んでるの私だけかもしれん)

 

関ジャニ∞錦戸亮さん主演の2014年秋クールのドラマに主要生徒役として出演していました。

そう、からくりです!恋多き男海老沢ゆずる!!!

お調子者でまっすぐ、体当たりの演技がとても素敵でした!!!そしてあの独特な色の学ランがとっても似合ってた!!!

 

本作のロケ地が静岡県の三島だったこともあり、重岡くんは当時東京で一人暮らしをしていました。オムレツと鍋をすげぇ作ってたそうな。

どうやら役の世界にのめり込む、もはや役に飲み込まれるまで追い込むストイックなタイプのようで、ずっと標準語になってしまうこともあったそうです。流星くんが「無理せんでいいんちゃう?」と言いたくなる…とどこかで発言してたような記憶があります………

 

保健室での他の生徒、先生との掛け合いがテンポよく、見ていて自分の青春時代を思い返し、戻れないあの頃に想いを馳せてしまう、そんな切なくも微笑ましく、あたたかいドラマです。

錦戸くん演じる平ちゃん先生の言葉は捻くれずに聞き入れられる、スッと胸に沁みます。

 

ごめんね青春! DVD-BOX

Amazon CAPTCHA

 

 

大友勝利

(2016月11月公開 「溺れるナイフ」)

 

f:id:something_ever_after:20181011163623j:image

 

「俳優・重岡大毅」の名を各界に轟かせるキッカケとなった作品だと思っています。

 

あのとき君がおもっていたこと〜「溺れるナイフ」公開から一年経って再度本編を見返した私の話 - どうして夏は終わるんだ

※本編について私がただただ熱く語っている回

 

映画全体の色彩が美しく、でもどこか上から墨のような薄い黒が塗られているじんわりとした暗が漂う世界の中で、大友が登場するシーンだけは夏の太陽の光を全て集めたような、そんな風に思えてくるのです。

劇中で菅田将暉くん演じるコウちゃんが青で表現されているのに対して、赤で表現されている重岡くん演じる大友。

椿を咥えて微笑む伝説のシーンは重岡担全員好きです。これは絶対です。(異議はないと信じたい)

 

重岡大毅=青春の擬人化」というイメージは大友役を演じたことで立証されたと言っても過言ではない。限りなくいい奴、なのに自分の幸せにはあと少し手が届かない。それを外から見ているこちらが彼に惹かれないわけがない。そんなあの世界にとっても観ている私たちにとっても太陽のような大友を熱演しました。百聞は一見にしかず、是非ご覧ください。

 

溺れるナイフ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD] Amazon CAPTCHA

 

 

火賀俊平NEW!

(2018年8月配信「宇宙を駆けるよだか」)

 

f:id:something_ever_after:20181011181903j:image

 

こちらは記憶にも新しい、今年の8月1日にNetflixにて全世界同時配信されたネットドラマです。

ジャニーズWESTのメンバー、神山智洋さんとのW主演。グループ内では「かみしげ」(と書いて平和の象徴と読む)(読まない)と呼ばれ、「Lovely Xmas」という天使のラブソングと表現しても相違ないユニット曲を歌っているシンメの二人が、な、なんと、恋敵を演じているのです!!!

 

ドラマ「宇宙を駆けるよだか」公式サイト

 

「外見と中身」という、テーマとしてはとてもナイーブなもので、原作内の設定を実写化するのはとても難しいのでは…と思っていたのですが、もう、ほんとそう思ってたことを全力で謝罪したい。大変申し訳ございませんでした。

 

とにかく、主要キャスト4人の圧巻の演技力。特に女の子2人の迫真の演技に圧倒され、感情移入してしまいます。清原果耶ちゃん、富田望生ちゃん、まだ未成年なんて嘘でしょ………?

 

そのお二人に触発されたかのように重岡くん、神山くんの演技も最大限に輝いていたように思います。

重岡くん演じる火賀は、これまた主人公のことを想いながらも、主人公としろちゃんの恋を全力で応援してしまう、またもや報われない男の子。クラスの人気者でみんなが火賀を好きなのに、好きな女の子の気持ちは自分に向かない。

奪えばいいのに!奪えよ火賀!頑張れば奪えるよ!と、観ながら何度思ったことでしょう。でも火賀はただただ、幼馴染でもある2人のことが大好きなんです。2人が幸せであることが自分にとっての幸せなんですね。でもきっと本当はそれが全てなんかじゃなくて、2人の幸せが自分の幸せだなんて到底言えない感情だって渦巻いているはず。それでも火賀は、自分のことを見ていない好きな人の背中を押したあとこっそり、ちょっとだけ泣いて、そんなことなかったかのようにまた笑うんですよ。

 

「奪えるもんなら奪いたかったよ」

でもしろちゃんを好きな気持ちを、俺に気を遣って迷うなよ、と。言うんです。彼は。

 

 

火賀!!!どうか世界一幸せになってくれよ!!!

 

 

Netflixは登録後1ヶ月はお試し期間で無料ですぞ!そしてなんと宇宙を駆けるよだかは全話配信済み!一気見が可能!!!観ない他ない!!!本編はこちらから!!!

 

宇宙を駆けるよだか | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

 

 

以上3作品が、重岡くんを好きになるしかないスリーステップかなと個人的に思っております。自分、出てないのに彼に片想いしてる同じクラスの女子役しちゃう。ついうっかり恋しちゃうんですよね。

どの作品においても彼の演じる役をとてつもなく愛おしく思うはずです。本当にその人物が実在するような、見終わった後、その後の彼がどうか幸せでありますようにと、そう願わずにはいられなくなります。重岡くんの演技の魅力的なところは、そこかなと思います。

もっともっと色んな作品に色んな役柄で出演し、活躍しているところが見たいなぁと重岡担WEST担が熱望している所以はそこにあるのです。

 

 

 

沼その4:実はとんでもないクレイジーエピソードの持ち主

 

ここまで散々、超真面目に、重岡くんについて語ってまいりましたが、実は彼、前提としてSo Crazyな一面がありまして。

いやなんで今?なんで散々真面目に褒めちぎっておいて今?って思いました?私は逆にここで出すことに意味があるとすら思っている。

 

重岡大毅見学=重岡大毅ソロコンin見学席

・己の乳首を吸わせることでダイソンの驚きの吸引力を実感

・淳太くんへの誕生日プレゼントのMacBookに「じゅんたのまっき」と油性ペンでペン入れ

・私服特定対策のためブランドロゴをガムテープで隠す

 

この辺り、個人的に好きな笑い。

ネットで検索いただけますと、それぞれ詳細が見られるかと思いますので気になられた方是非調べてみてください。そしてこれどころじゃないです、他にもとんでもないクレイジーエピソードをお持ちの重岡くん。

とにかく、「重岡大毅……どうした……なんなんだよそのギャップ………」と頭を抱える結果になると思います。

 

 

 

◎必見!ライブ映像部門

 

ジャニーズWESTは現在5つのライブDVDをリリースしています。

私的見どころをあげさせていただきますのでぜひご覧ください!

 

 

ジャニーズWEST 1stコンサート 一発めぇぇぇぇぇぇぇ!

 

f:id:something_ever_after:20181012164616j:image

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B014GMESD2/ref=cm_sw_r_cp_api_LcfWBb3BVC4NG

 

ジャニーズWESTデビュー後初の単独コンサートを収録!一発目のコンサートならではのセトリ、構成となっていて初々しいメンバーが見られます!かっこいい、かわいい、おもしろい、いろんな顔のジャニーズWESTが満載!

 

f:id:something_ever_after:20181012182759j:image

 

【ここを見てほしい!】

自己紹介RAP/Break Out!〜Can't stop/ズンドコパラダイスにいくまでの茶番/Criminal

 

 

ジャニーズWEST 1st Tour パリピ

 

f:id:something_ever_after:20181012164829j:image

 

Amazon CAPTCHA

 

初の全国ツアーを収録!オープニングの映像から一発めぇ!とは明らかにテイストの違うかっこいい彼らが見られます!セトリも人気が高く、私の周りのオタク友達は「パリピポが一番好き!」という子も多いほど!

 

f:id:something_ever_after:20181012183110j:image

 

【ここを見てほしい!】

SCARS/アカンLOVE〜純情愛やで〜/Toxic Love/SAKURA〜旅立ちのうた〜/PARTY MANIACS/Time goes by

 

 

ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7

 

f:id:something_ever_after:20181012165715j:image

 

Amazon CAPTCHA

 

個人的に一番好きなライブツアーです。オープニングのスロットの映像、コイン柄の衣装を纏ったメンバーがスロットから出てくるコインのように滑り台で滑り落ちてくるあのシーン!ライブが始まるぞ!!!という高揚感を一番感じられます。セトリも終始感情を揺さぶられる順番となっていて、ドキドキワクワクの内容!

 

f:id:something_ever_after:20181012183601j:image

 

【ここを見てほしい!】

ラッキィスペシャル/迷宮SUMMER/PARTY MANIACS/きみへのメロディー/Lovely Xmas/ホルモン〜関西に伝わりしダイヤモンド〜/TAMER→Eternal/ガッテンアンセム

 

 

ジャニーズWEST 1stドーム LIVE 24から感謝 届けます

 

f:id:something_ever_after:20181012165911j:image

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B06Y5JZ1WM/ref=cm_sw_r_cp_api_kqfWBbFBVQ93Z

 

先程重岡くんの語彙力のところでも話にあげましたがこちらはジャニーズWESTの初ドーム公演を収録した映像です。

セットリスト一曲目、デビュー曲「ええじゃないか」。重岡くんの「せーの!」の掛け声で始まります。

明るくなった会場、ドームがファンで埋まっていて、はち切れんばかりの歓声を体全体に振動として感じた重岡くんは、その「せーの」すらも飛んでしまったと語っていました。重岡くんだけでなく他のメンバーみんなの何とも言えない緊張と安堵と感激と、いろんな感情が入り混じった表情を見ることが出来ます。

また、最後のひとりひとりの挨拶はハンカチ、いやバスタオル必須。私もこの公演に入っていたのですが、会場中から嗚咽が聞こえるあの空間は忘れられません。

 

f:id:something_ever_after:20181012171300j:image

 

【ここを見てほしい!】

ええじゃないか/Dial Up/シルエット/ボクら/Colorful Magic/エエやんけェ!!〜ホルモンまでのダンスメドレー/CHO-EXTACY/一人一人の挨拶からのAll My Love

 

 

ジャニーズWEST LIVE TOUR 2017 なうぇすと

 

f:id:something_ever_after:20181012170017j:image

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B075MD8VLB/ref=cm_sw_r_cp_api_JsfWBb8PK25WW

 

「え!その曲から始まるの!?」と全オタクの感情をめちゃくちゃにした伝説のセトリ。ジャニーズWESTの新たな一面が見えたコンサートでした。個人的にオープニングの宇宙柄衣装がとても好きです。

 

f:id:something_ever_after:20181012184357j:image

 

【ここを見てほしい!】

PARTY MANIACS→Unlimited/You're My Treasure→CHO-EXTACY/大阪弁ら〜にんぐ/無鉄砲ボーイ/Beliver→one chance/KIZUNA/アンコール

 

 

そして2018年10月24日に、最新ライブDVD「WESTival」が発売となります!

重岡くん作詞、しかもピアノ演奏にチャレンジした「乗り越しラブストーリー」が見られる!後世に残すべき円盤となっております!!!お願いそこだけは100回見て!!!一生のお願い!!!

また、小瀧くん主演映画の主題歌プリンシパルの君へ」、流星くん濵田くん主演のドラマ主題歌「ドラゴンドッグ」も収録されております!!!ぜひ、お手にとっていただければと思います!!!

 

 

 

 

重岡くんはかつて2014年の一万字インタビューで「不満も言わず自慢もせず家族のために何十年も頑張ってる父を見てると頑張ってるって口に出すのがかっこわるいと思うようになった」と言っていたことがありました。

それは数年経っても変わらず、「努力アピールは好きじゃない。そういうのは見せるもんじゃないと思うし、不言実行というのに憧れる。」というようなことを雑誌のインタビューで答えていたのをニュアンスですが記憶しています。それを今でもたまに、ふと思い出すことがあります。

 

でも私は、それは自分に少し厳しすぎるんじゃないかなって思うんです。頑張りや努力のさじ加減は人それぞれで、その人がどんな気持ちでどこを目指して頑張ってるかは、本人にしかわからない。他からの評価に左右されるものではない。だからこそ努力した自分を褒めてあげられるのは自分しかいないと、そう思うのです。

 

不言実行、確かにめちゃくちゃカッコいいです。でも、有言だろうが実行は実行。成し遂げていることには変わりないです。とても素敵じゃないか、と。

頑張ってる人は頑張ってるんだと声を大にして言っていい。「誰よりは頑張ってない」「そこまで頑張ってない」そんなの気にしなくていい。心を削って努力している自分を褒めて、一生懸命なところをたくさんの人に見てもらって、そして報われていくべきだと思うんです。

 

重岡くんは最近雑誌で小瀧くんに「宇宙を駆けるよだか」が良かった!と褒められていた際に、「正直溺れるナイフのとき、来たと思ったけど、変化なかったで」と答えているのを雑誌のインタビューで見かけました。彼は笑いながら言ったんでしょうけど、私は心底悔しかったです。

世間に見つかって仕事が増えることだけが全てではないのは分かっています。でも、もっともっと重岡くんは誰かの希望や夢になるべき人だと思います。

 

 

私は重岡担になってから変わったなと思うことがたくさんあります。

元々苦手だった赤が好きになりました。

仕事に熱く取り組むことは寒い、カッコ悪いと思っていた自分が、今では周りに熱いと言われるほど仕事に打ち込めるようになりました。

人に何かを伝えるときは、一度優しさで膜をしてあげられるような人であろうと思うようになりました。

全てが重岡くんのおかげ、というのも違うのかもしれませんが、私の人生において重岡くんに出会えたことでプラスに変わったことがたくさんあると、そうはっきり言えます。

重岡くんに救われる人がきっとまだ他にもたくさんいると思うんです。

 

 

私が重岡くんにたくさんの思い出と、出会いと、楽しさと、笑顔と、たまに切なさと、悔しさと、でもやっぱり幸せをもらえたように、これから先重岡くんに出会う人たちが、重岡くんに出会えたことで人生が変わったと、何年たっても重岡くんを見るたびに思い出す人がもっともっと増えますように。

それが本人に届かなくてもいいから。

 

勝手かもしれないけど、これからもそういう風に重岡くんを好きでいさせてください。

重岡くんが幸せだなぁと思えるような世界を、知らないところでこっそり支えさせてください。

 

 

長々と一万字も綴ってしまったんだけど、

 

どうかな?

私たちと、重岡くんと、ジャニーズWESTと、これからの人生楽しみ尽くしてみない?

 

 

f:id:something_ever_after:20181012192341j:image

 

 

 

 

 

君と僕の切符〜自担がラブソングを作詞しました〜

 

 

ガタン ゴトン

 

決して便利な場所にあるとは言えない立地の古びた木造の駅は、周辺に住んでいる人が街の中心地へ出るために利用する程度でラッシュ時でもさほど混むことはない。端っこの座席に座って手すりにもたれかかりながら見る窓の外の景色の9割は緑で、澄んだ青空は高い。

ゆったりとした穏やかな時間が流れる街に昔から通っている古い電車の軋む音。

 

f:id:something_ever_after:20180107001925j:image

 

たったこのカタカナ6文字で、わたしはこの景色を脳内に描きました。そしてその電車の座席には、重岡くんが座っている気がしました。

 

f:id:something_ever_after:20180107001850j:image

 

 

この6文字は、ジャニーズWEST重岡大毅くんが初めて作詞した楽曲、「乗り越しラブストーリー」の書き出し部分です。

 

 

初めてこの楽曲をラジオで聴いたとき、「めちゃくちゃ重岡くんだ」そう思いました。「重岡くんっぽい」が具体的にどういうことなのかと聞かれると答えるのが難しいのですが、なによりもまずそう思ったのです。

かっこいい言い回しもないし、おしゃれな単語も出てきませんが、言葉の1つ1つが、私の思う「重岡大毅」らしいなと思ったわけです。これも彼の思惑にまんまとハマっているのでしょうか。

 

私事ではありますがつい先日、数年ぶりに切符を買って、実家の最寄り駅まで電車に乗りました。

徒歩で通勤しているのでICカードにチャージする機会もあまりなく、残金もわずかだったのでなんとなく券売機で切符を買ったんです。

路線図を見上げて、駅までの電車賃を調べて、小銭を入れて、金額ボタンを押して。

 

「目的地はあの駅」と意識して、私は切符を買った。

 

ICカードを使っていると、ある程度の金額チャージしてるかどうかくらいしか気にしていなくて、目的地までの片道の運賃なんてあまり考えなくなっていたんだなぁということに気付きました。

 

そして、ふと思いました。

切符だからこそ「乗り越す」んだ

 

「ここまでしか行けない」と分かってそこまでの切符を買っているのに、目的地がわかっているのに、

それを「乗り越す」ということ。

 

この歌詞について私がどれだけ時間をかけて考えたって、私達が知り得る情報は本人やジャニーズWESTの他のメンバーの口から明かされる制作秘話だけ。

重岡くんが一体どんなことを考えながら、どんな想いを込めてこの曲を描いたのか。歌詞に出てくる二人がどんな話し方で、どんな顔をして笑っているのか、それは重岡くんにしかわかりません。

でも、歌詞を見て、音を聴いて、歌声を聴いて、私が思い浮かべた風景を、あえてコンサートでの演出を見る前にここに書き記しておきたいと思いました。きっとコンサートでこの曲を実際に聴いたら、また別の解釈をするのかもしれません。それもまた面白いなぁなんて思うわけです。

だらだらと思ったことをブワーしますので、宜しければどうぞお付き合いください。

※以下、歌詞に特化して記述しておりますので、桐山くんの素敵な歌声について触れていないことを先にお詫びします。

 

 

 

f:id:something_ever_after:20180107002825j:image

 

 

「乗り越しラブストーリー」が初解禁となった際、多くの方が「重岡大毅が描いたラブソング」という強烈な字面に被弾し、「乗り越し」という言葉の意味について言及していらっしゃるのをTwitterで沢山お見かけしました。ここでもひとまず、「乗り越し」という言葉の意味について触れておきましょう。

 

 

 まず「乗り越す」とは

本来降りるつもりだった駅で降りないで、その先の駅まで行くこと

 

そこで浮かんでくる疑問がコレ。

「乗り越す」と「乗り過ごす」って何が違うの?

 

なんかニュアンスとしてはなんとなくわかるんだけど、うーん。なんと表現すれば良いのかむず痒いですよねよーくわかります。

 

 

以下、ご覧ください。

 

 

これら2つの間には少し意味の違いがあります。

「乗り過ごす」は、基本的に「うっかり」「不注意」な感じがします。意図的ではないわけです。

一方「乗り越す」は、「うっかり」の場合、意図的な場合の両方に使えます。

 

 

おい!!!みんな息してるか!?!?

うっかり、と見せかけて、意図的な可能性があるんですよあの曲には!!!ヒィ!!!

 

確かに歌詞を辿ると、自然な感じを装いながら彼女に近づこうとする彼の意図的な行動が読み取れる気がしますよね。

(「よっ」って言えよはよ)

(こっち気づいてや)

 

そして私はこの曲の歌詞を見ながら何度も聴き込んでいくうちに、こんなことをふと思ったのです。妄想大好きな深読み芸人はこれだから困る。

 

「おや、これってもしかして、甘酸っぱい初恋を振り返る大人になった僕目線のお話なんじゃないの?」

 

「あの頃の僕」と、そんな僕を懐かしそうに見つめているもうひとりの「大人になった僕」が同じ電車内に存在しているんじゃないかと。「大人になった僕」が初恋を経験し、大人になっていった「あの頃の僕」を回想する設定なのではないか?

そうだったとしたら重岡くん、この曲を派生させてそのまま短編小説とか描きましょうよ。

 

‪これ以降、この曲の歌詞は「大人になった僕」の言葉だと仮定して深掘りさせてください。正直、今の時点で深掘りしすぎなんじゃないかと不安になってます。でもせっかくなので続けます。

 

 

久しぶりに電車の中で見かけたあの子、声をかけられずにいるあの頃の僕を見て、普通に声かけたらええやんけ!なに顔赤くなってんねんアホか!、なーんて窓に映る顔を赤くしたあの頃の自分を見て、大人になった僕は呆れてるんでしょうか。

 

車窓透けた 僕赤ら顔

 

この表現、小説の一節みたいでとっても素敵ですよね!

 

車窓に「映る」僕、でなく

車窓に「透けた」僕。

 

会わない間に綺麗になっていたあの子の横顔を見て、柄にもなく赤くなってる自分が恥ずかしくて、そんな心のドギマギも車窓は透かしてしまったのかしら。

 そんな片想いからどんどんと距離は縮まり、大人になった僕は電車に乗って、彼女との日々を目を閉じて思い出していきます。

 

描き出されている二人の幸せすぎるエピソードの中でも、重岡担のみならず、全オタクの心にデッドボールをぶち込んできたのが2番の冒頭の歌詞です。
まだ歌詞をご存知ない方は心して進んでいただきたい。
重岡大毅くんが、恋愛ものの映画で想像を十分に膨らましたあと、間接照明をつけた部屋で頭を掻きむしりながら、あーでもないこーでもないと書きすすめたということを念頭に入れて、声に出して読みたい日本語。

 

 

誕生日にくれた 流行りのキャップ
実はサイズ きつい
「私も一緒に使いたくって」
ってエヘヘちゃうで

 

 

はいドーーーン(爆発)

重岡くんって彼女と帽子シェアするのアリなの!?そうなの!?ブヘヘ、となったのは私だけではないはず。ていうか彼女可愛すぎませんか?そしてそれを「エヘヘちゃうでほんま……」って愛に満ちた呆れ顔するんでしょ……むり……(語彙力の欠如)

 

 

しんどいエピソードはまだまだ続くよ!

 

彼女にちょっかいをかけたくて、寝顔をパシャリするんだ。彼女が怒るのわかってて。

それだけでもまあしんどい。しんどいけどその後にはもっと強烈なワンフレーズが私達には待っているよ!

 

「もうやめて〜」って僕見つけてギュッ

 

ギュッ……………

怒ってんのにギュッ…………する彼女可愛いかよ………

 

そしてこの後、重岡くんはまた素晴らしいフレーズを生み出すのです。

 

アダムとイヴも二度見しとったやろ

 

表現が秀逸すぎると思いませんか?

アダムとイヴに二度見させたのは後にも先にも重岡くんだけではないでしょうか。

神様に一番はじめに造られた男性と女性に二度見されるんですよ、発想が凄まじい。

ジャニーズwebの連載「なにわぶ誌」でもこの文才の片鱗を垣間見ることができるので登録されている方は是非チェックを!

 

 

そんな幸せな思い出を思い返す間にも、電車は次の駅へと進んでいきます。またドアが開いて、人が降りてまた別の人が乗ってくる。

 

ドアが開くたび、大人になった僕は

 

「まだ好きなんや」

「まだ降りないで」

 

幸せそうな二人のエピソードが続く中、ドアが開く瞬間、彼は少々弱気な言葉を呟きます。

これは「あのとき言いたかったけど言えなかった僕の本音」なのかもしれません。

 

昔は強がって言えなかったことも、大人になると案外ぽろっと言えたりすることもありますよね。心も体も強くなったからこそ弱さを見せることも出来るようになる。大人になった僕はきっとそれに気づいたんでしょうね。

 

 

「ドンと構えた僕の切符」

「ポケットつまづいた僕の切符」

「ポケットでぽけーっと僕の切符」

 

僕の切符はドンと構えておきながらも、つまづいたり、ぽけーっとしたり、なんだか置いてけぼりになっているような印象を受けます。

でも彼から見た「君の切符」は「幸せそう」。

 

ここで初めて、君に対する表現がどこか他人事のような、曖昧なものになったことにお気付きでしょうか。

 

僕を待つ君がもしいたら

どんなに笑えんだろう

本当は知ってた サヨナラだって

 

この三行が綴られたあとに

「君の切符 幸せそう」

と続くのです。

 

さよならだってわかっていた。

けど「僕には君が幸せそうに見える」

幸せかどうか、本当のところは分からないけど、今では聞くすべもないけど、そう見える。

 

「もう君は僕より先に進んでしまった」

それに気付いたときついに、僕が降りる駅が見えてくるんですね。

 

 

いや、スタンディングオベーションですわ。

シンプルなのにこの切ないストーリー性は何なんだ。なにも難しい表現はない。何なんだこの胸にスッと入ってくる切なさは。

 

 

この曲は最後、

「揺れる心ゆけ涙 僕の"愛してる"」

という歌詞で締めくくられています。

 

僕はきっと降りるべき駅で降りて、歩き始めたはず。でも涙と"愛してる"だけは電車に置いて、乗り越したんじゃないかと。涙も"愛してる"も、君のためのものだったから。

 

このブログの冒頭で、「乗り越す」の言葉の意味をつらつらと挙げましたが、実は最後に小さく、こんな意味も書かれていたんです。

 

他を抜いて先に進む

 

これは私の勝手な憶測ですが、「あの頃の僕」を「大人になった今の僕」が乗り越した、やっと乗り越せたんだったとしたら、よかったな、なーんて、ね!

だって「笑うために泣いてた」んだもんね。

   

 

 

重岡くんの脳内は宇宙なんじゃないかと思うことがよくあります。

物事の咀嚼の仕方が独特で、それをそのまま彼らしく吐き出す膨大な語彙力。強烈に人を惹きつける表現力。

そしてそれは誰かを傷つけることがないように、優しい膜に包まれている。

 

f:id:something_ever_after:20180107003310j:image

 

私の拙い表現で説明するにはこれが限界ですが、重岡くんの言葉はどれも優しさで一度膜をしてくれている気がします。

それはコンサートでの挨拶だったり、ラジオでのリスナーさんからのお悩み相談への回答だったり、咄嗟にメンバーをフォローする時の一言だったり。いつだって隅々まで配慮されている気がします。

勿論重岡くんだって人間なので、綺麗なことばかり考えられるわけでも、言えるわけでもないはず。

嫌になることもあるだろうし、腹が立つことも文句や愚痴を言いたいときだって絶対あるはずです。

 

でも重岡くんは後ろ向きなことは言わない。少なくとも私たちが見ているところでは絶対に言わない。

そんな「私たちが思う重岡くん」を、重岡くん自身が本当の自分を犠牲にして演じてくれていたとしても、それが重岡くんという人間なんじゃないか。プロ根性。仕事人。うーん、なんだかうまく言えないけども。

 

私は先程、重岡くんの脳内を「宇宙」と例えましたが、それは「何を考えているのかわからない」といった意味も含まれています。

だから今回の作詞は、彼の想像であれ何であれ、普段は鍵をかけて見せてくれない一面を見せてもらえた気分になって、なんだか嬉しかったんです。重岡くんの脳内を覗き見してしまったような、ほんの少しの罪悪感。笑

アイドルを全うしている人の、恋したときの感覚を覗き見するのはなんだかくすぐったいというか、なんというか、ね。

 

 

 本人はこの曲について、「恋を知って、失恋して、ひとつ大人になる瞬間」を描いていると雑誌のインタビューで答えていました。

 多感な時期をアイドルとして過ごして、「青春もすべてジャニーズに捧げた」と言う重岡くん。本来ならばいくらでも経験できたはずのこんな恋を諦めたこともあるかもしれません。

 

この歌詞が、私たちに見せてくれたほんの少しの本音、だったらいいなあ。

 

重岡くんにとって、きっと大切な曲になるだろうし、私たちファンにとっても大切にしたい、あったかいラブソング。

 

それが私のおもう「乗り越しラブストーリー」です。

 

 

 

以上で、私の重めの研究発表を終わります。

ご静聴、ありがとうございました!

 

 

 

もしかしたらご縁あって彼らと飲む機会が一生のうちにないとは言い切れないと思いたい私の戯言

 

 

私はお酒の場が死ぬほど好きだ。

お酒の場に呼ばれることほど自らの存在意義を感じることはない。

 

まずあのざっくばらんな空気がたまらなく良い。勿論少し気の重い飲み会もこの世には存在するが、しょうもないことも面白くないことも酔ってしまえばなぜだか笑えてくるし、普段はなかなか言い出せない悩みも思い切って打ち明けられることだってある。想定外のとんでもなく熱い話に発展することもある。

そう、酒の席が生み出す可能性は無限大なのだ。

何を言ってるんだ、とお思いかもしれないが、ここで立ち止まるわけにはいかない。先に進ませていただく。

 

 

早速だか、このブログを読んでくださっているお酒を嗜む皆さんに問うてみたいことがある。

 

オタク友達と飲む際、「自担がこの隣の席にきたらどうするか」「もし自担のグループと飲むとしたらどの席に座るか」などという酒の席×アイドルという妄想で盛り上がったことはないだろうか。

このような類の議題が恐らく一度はあがったことがあるのではないだろうか。

 

何故、酒×アイドルという素材が私達の心を激しく揺さぶるような化学変化を起こすのか。以下、自論である。

私たちファンがアイドルたちの食事風景を目の当たりにすることはほぼない。しかし彼らも同じ人間だ。我々と同じように食事、買い物、入浴等の日常生活を送っているのだと思うと憧れのあのアイドルが突如身近に感じてしまう。

そんな自分の日常生活というフィールドに自担がいても違和感はさほどないのではないか。そう思うことで我々は自分の日常に自担をぶっ込んでみたくなるのだ。

自担の性格やクセ、言いそうな言葉をよく知っている私達にとって、リアルな妄想などお茶の子さいさいなはずである。

 

そしてある程度酔いの回った私達はこう思うはず。

 

 

「縁あって彼らと飲むという機会は、同じ時代を生きてる限り、ゼロじゃないんじゃないか。」

 

 

ゼロじゃない限りは、可能性に賭けてみたい。

そう思ったことはないか?

 

 

私はある。

 

 

 

自担と同じ時代を生きている私達には限りない可能性と未来がある。いつかご縁あってその時が来た時、焦って何かヘマをやらかしてしまう前に、一度脳内でシュミレーションしておこう。

「自担と飲み会」などという題材での妄想はきっとこの世にしぬほど出回っているだろうし、同じ人を同じ情報を元に妄想するのでどなたかとの妄想と被る部分もあるかもしれないが、それは仕方ないだろう。大目に見ていただければ、と思う。

 

それでは、ついてきてくれ…………

 

 

 

なにがどうなってそうなったかは分からないけど縁あってジャニーズWESTの皆さんと飲み会をすることになった

 (但し、立場としてはアイドルと一般人。誰かと元々親しいなどという関わりも一切ないこととする)

 

 

f:id:something_ever_after:20171127212355j:image

 

 

 

①会場

 

まず飲み会の会場はこちらが選んで良いこととしよう。私の場合、メンバーによって行きたいお店に多少違いが出てくる。

 

TEAM酒イケる(中間桐山藤井小瀧)

→お酒の種類が豊富な食べ物をたくさん食べるというよりは少ないおつまみで美味しいお酒をたらふく飲めるオシャンなお店

 

TEAMそんな酒イケない(濵田重岡神山)

→ザ・大衆居酒屋で飲み放題(ソフトドリンクも可)。唐揚げや出し巻き卵、ホッケなどをみんなでシェアする食事メインのワイワイできるお店

 

お酒が飲める人だけで行く大衆居酒屋の飲み放題もかなり楽しいが、見境なく飲んでしまうので中盤以降何の生産性もない会話をダラダラとしてしまう可能性があるため、多少値が張るお店でもオシャレなお店を選びたい。

 

ただし今回はメンバー全員との飲み会という設定。

酒イケないメンバーも楽しめることを考慮すると大衆居酒屋がより良いかと思われる。

 

そして私はここで掘りごたつの個室を推したい。なんでかって?

 

 

立ち上がる際に、隣に座っている彼の肩を借りたいからだよ

 

 

椅子でも肩を借りれないことはないが、座り込んでいる分、より自然に肩を借りることができる。自然なボディタッチが実現するのである。 

 

また、掘りごたつの下には夢がある。掘りごたつの下で手を繋いでもよかろう。足を絡めてもよかろう。

ここはひとつ、掘りごたつで話を進めていこう。

 

 

f:id:something_ever_after:20171127205847j:image

 

 

②オタクであることを隠すか、否か

 

おそらくこの類の妄想をしたことがある方は、セットでこの話題になってきたと思う。

ファンであることを隠すか、それとも素直にファンである旨を本人にお伝えするか。

 

両方メリットデメリットあるだろう。

隠せば友達になれるかもしれない、晒せばもしかするとおもしろい話が聞けるかもしれない。

ただ、隠すことを決めたあなたに一点注意しておきたいことがある。

 

酔いが回り始めると、人はどうしても気が大きくなり、ある程度のことはもうどうでもいいや〜という気分になってしまいがちだ。

基本的に酒の場で気持ちよくなっているのは自分だけではないはずだが思い出してほしい。

 

 

ジャニーズWESTには飲み会の場でもほぼシラフであろうメンバーが2人もいるぞ、気をつけろ。

 

f:id:something_ever_after:20171127212644j:image

 

それにその場で初めは「重岡さん」「藤井さん」「桐山さん」とよそよそしい呼び方を決め込むのだが、そのうち「しげちゃん」「流星」「照史」などと普段呼んでいる呼び名でつい呼ぶというヘマをしかねない。おそらく嘘をついていたことで初めからファンを公言していたパターンよりも信頼関係構築は難しくなるだろう。

 

だから私は、「ライトなファンを装う」という選択をさせていただきたい。

ジャニーズWEST!好きです!あの、転校生の!もえろ〜!!!のやつ!」くらいが望ましい。この野郎ズリィぞって?ズルくいくよ当たり前じゃねーか!!!

 

 

③席順

 

こちらもオタクの飲み会の場ではよくテーマにあがる題材だろう。

ちなみに私もオタク友達と飲みにいくときは必ずと言っても過言ではないくらい散々話題にしてきたネタである。

 

さあ、あなたはまず

自担の隣に座りたいか?

 

今までいろんな人の意見を聞いてきたが、案外隣はむり、という声が多い。

一番多い意見は自担の斜め前、または席自体が離れている、だ。

 

どう考えても緊張するであろうこのシチュエーションを、その中でも緊張度が低いメンバーで周囲を固め、遠目にチラチラ自担を見ようという気持ちの表れだと思われる。

 

私は飲み会では一緒に飲む人にある程度ペースや泥酔度を合わせるので周りがあまり飲まない人だとどうしてもペースが進まなくなってしまうという習性がある。しかしこの場合は緊張をほぐすためにまず大量にアルコールを摂取したいので、できれば酒豪の近くに座っていたいと思う。淳太くん小瀧くんあたりが理想だ。

 

ただ、最初にも言ったように、自担の肩を借りて立ち上がりたいという夢はまだ捨てていない

 

 

重岡くんの左隣に座らせてください。

 

なぜ左なのか、ということには大した理由はないが、立ち上がるときに利き手を肩に置くだろうと仮定したからである。完全に余談だ。

 

7対7として、テーブルを3つに分けよう。

皆さんはどのテーブルのどの席に座りたいだろうか。男女入り乱れても良いこととする。

 

 

 f:id:something_ever_after:20171127211107j:image

 

数字が若い方が上手としよう。

私は真ん中のテーブルの8に座り、重岡くんを9に座らせたい。

できれば4あたりに淳太くんがいてほしいし、5には小瀧くんがいてほしい。(緊張ほぐすためにワッショーイ!ってやってほしい)

 

緊張もほぐれ楽しく話せるようになってきた頃には席替えもありだろう。兄組あたりが割り箸の袋をちぎってクジを作ってくれるはずだ。

 

 

さあこの3つが決まれば、早速彼らと乾杯をしようではないか。

この記事でそのまま飲み会の様子を書き続けると一万字を平気で超えそうなので一旦こちらをプロローグとする。

 

なお、こちらは完全に自己満足の世界であるため、ノークレームノーリターンでお願いしたい。

 

 

さああなたはどうする?

 

 

 

▶︎すすむ

    もどる

 

 

 

 

 

あのとき君がおもっていたこと〜「溺れるナイフ」公開から一年経って再度本編を見返した私の話

 

 


2016年11月5日。
1年前の今日、私の世界は震撼した。


そう、溺れるナイフ」公開初日。


 

まずは情報解禁から映画公開までの数ヶ月で私がどれだけ大友勝利を拗らせていたか、ここで今一度振り返ってみよう。


情報解禁の日の朝、WSで世に放たれた白いカッターシャツにどこか野暮ったい中学生のビジュアル。「えっ……君はまだ中学生役が出来るのかい…?」と我々オタクたちの頭を抱えさせた例のビジュアルだ。
以下、画像をご確認頂きたい。3-C大友ってその名札、絶対卒業式で女子に取られるやつだろ。


 

その後夏頃から徐々に特報や本編の数カットが雑誌等で解禁となった。この辺りで私は重岡くんにキスシーンがあることを知る。
お弁当箱と水筒を片手にした大友、椿を咥えて夏芽と笑い合う大友。何度も大友の笑顔を思い浮かべては大変胸が苦しくなったことを覚えている。


そして忘れてはいけないこのシーン。


 

重岡担のみならず、全国の女子のハートを鷲掴みにした衝撃の押し倒しシーンだ。しぬほど見た。何回もえずいた。他の映画を観に行った時に予告が流れてひとり呻き声を上げたのも忘れない。

本編公開前にここまで私の心を荒ぶらせるものがあっただろうか、いや無い。
私にはここまでの出来事全てが昨日のことのように思える。でも、すごく昔のことのようにも感じる。この気持ちは何なんだろうか。

十分お分りいただけたかと思うが私は「溺れるナイフ」を、重岡大毅が演じる「大友勝利」に会えるその日を待ち望んでいたのだ。


ここで補足だが、実際撮影されたのはその1年前の夏、当時重岡くんは22歳から23歳になった頃だったわけである。
映画の撮影をしているだなんて知りもしなかったその頃、23歳のお誕生日を迎えた前後であるパリピポからラキセまでのたった数ヶ月で彼が一気に大人びた印象が私にはあった。きっとそう感じていた方が殆どだろう。


そう、

夏が、彼を大人にした。
(なんかそういうCMこい)(なんの)

 

俳優・重岡大毅の名を世間に轟かせる転機となったのも、ジャニーズWEST知名度を上げる要因となったのも、彼が今までよりもさらに魅力的な人間になったのも、彼が青春を擬人化したものというイメージが私達に深く刻まれたのも、全てこの「溺れるナイフ」が少なからず影響していると私は思うわけです。

これは完全に個人的なアレなのですが、私は大友(未)の重岡くんよりも、大友(済)の重岡くんにひどく惹かれます。
無論、昔の可愛らしい重岡くんも素敵なんだけれど、華奢な少年から大人に変わる(BGM:壊れかけのRadio)あのタイミングの彼はやけに儚く見えて、あの時期の映像や写真を見るとどうしようもなく泣きたくなる時があります。これがいわゆる「エモい」というやつでしょうか。

溺れるナイフ」は最後の少年期、そして映画のラストにかけて大人の表情に変わっていった重岡くんを切り取り、形に残してくれた非常に美味しい作品なんです。たまらんでしょ。そうたまらんのです。

 

2017年11月5日、
溺れるナイフ」公開から1年。

2016年の公開後には、初ドーム公演、全国ツアー、それぞれのお仕事、タイアップなど、目まぐるしく変化し、世界を相手に走り出したジャニーズWEST

一年経った今、「溺れるナイフ」を見返して、重岡大毅という役者についてもっと考えてみたいなと。しがない重岡担の私ではありますが、この機会にしっかり文章として残してみようということで、このブログを書き始めました。

ちなみに私は原作を読んでおらず、映画を観た後この一年間、誰の考察も感想も読んでいないので、今更な話もたくさんしていると思うし、みなさんと別の解釈をしている点も多々あるかとおもいますが、そちらどうかご理解ください。

ちなみにここまでで1500字使っておりますが、まだプロローグです。御察しの通り、長いです。根気強い方は是非この先へ。

 


「826回見ます」
映画が決まったときにはテンション迷子でこんなことも言っていました。普通に無理でした。
そもそも飽き性な私は同じものを何回もみるだとか同じことを何回もするだとかが苦手な人間なのですが、自担の晴れ姿だ!と思い、映画館には3回足を運びました。

「キスシーン、シンドイ」が公開直前の口癖だったので、正直1回目は迫り来るキスシーンが不安で、下手したら途中退席もありえるんじゃ…なんて思っていたほどなのですが、キスシーンがあまりにも良い雰囲気の素敵なシーンだったのでまさかのそこで号泣。
重岡くんがかっこよすぎた。

冷静になった2回目、3回目。そしてBlu-rayを購入しさらに5回本編を観た私、本編ではそれほど細かく描かれていない大友があのとき一体何を思っていたのか、どんな気持ちだったのかを想像し、彼の人柄とあの映画における彼の役割みたいなものを紐解いていきたいと思います。(レポートみたいな口調になってきた)

私が拾い上げた5つのキーワードを基に語らせてください。

 


①椿

 

この映画を語る上で、大友×椿についてまず触れない訳にはいかないですよね。
屈託のない笑顔の大友と大きく花開いた真っ赤な椿。なんたる色彩美。

重く、苦しいあの世界の中の唯一の光、太陽のような存在である大友。大友=椿、で表現されている意味とは……?

椿の花言葉から深掘りしちゃいましょう。

 

「控えめな優しさ」「誇り」


香りが少ない椿は、「控えめ」と表現されることが多いそうです。また、椿は散る時に花びらを一枚ずつ散らすのではなく、ぼとりと花ごと落ちるので、かつて武士は首が落ちることを連想して嫌ったようです、あまり縁起の良い花ではないという考え方もあります。

ここで椿に光と影の二面性がある、それはつまり太陽のような大友を巣食う心の影……と深読み芸人の想像が捗りますね。

また、椿は色によって花言葉が違うんですね。「溺れるナイフ」の椿は、赤です。

 

赤い椿の花言葉、調べちゃう。私調べちゃうからね。

 


気取らない優美さ」や「謙虚な美徳」
特に赤い色の椿の花言葉は、他の色に比べ、人の心やあり方を褒めたたえるものが多い。


嗚呼、自分で調べておいて涙が出そう。



一生消えない傷も、大友だったら消してくれるかもしれない。消せなかったとしても、傷にそっと触れて、癒してくれるかもしれない。
夏芽もそう思えたから、大友が差し出した手をとったんだろうなと。

大友の人柄を余すことなく表現するのに椿は大切な鍵になっていると思いました。

また、椿のシーンで流れる「椿の視線」というサントラがまた良いんだ。大友シーンで流れるサントラはどれも優しい音楽でとても素敵なんだけど、やっぱりタイトルもシーンもこれが一番印象的ですよね……椿の花びらが風で舞っているようなピアノの切ない音楽なので、よかったら是非そちらも要チェケです。

この映画を観てからというもの、椿に敏感になった重岡担の方、多いのではないでしょうか。私もいつの間にか椿アイテム収集マシーンと化してしまいました。(完全に余談です)

 

 

②青と赤、コウと大友、ふたりの明度


映画内でコウと大友は対で表現されています。
コウは青、大友は先ほど椿の項目で挙げた通り赤。

映画を観ていて思っていたんですが、夏芽とコウにまつわるシーンって基本的に青ベースで暗いんですよね、色が。


逆に夏芽と大友のシーンは全体的に色鮮やかで、明るい気がする。あくまでも、そんな気がするだけ。


正反対の2人ですが、それぞれになんとも言えない魅力がある。2人とも儚くて優しくて強いのに、真逆。
そしてその2人の強烈な色にそれぞれ染まる、夏芽の表情も印象的です。

色のコントラストもこの映画の魅力ですよね!

 


③追う、追われる


映画館で2回目に観た時にこれに気付いて、すごく切なくなったのを忘れない。


夏芽は、体が本能で引き寄せられてるかのように、引っ張られるかのように、コウのことを追うんですけど



大友のことを追うシーンは一回もないんです。夏芽がコウに引っ張られるように、大友がいつも夏芽の背中を追うんです。



椿のシーンでは、「困ったことあったら、俺に言うてええからな」という大友の言葉を遮るようにコウの乗ったバイクがふたりの横を通り過ぎます。大友のその声は夏芽の耳には入らないまま、夏芽の体はコウに引き寄せられる。

 



きっと大友は、この瞬間、自分はコウには敵わないことに気付いていたはず。
下に落ちた椿の上を踏み潰すように通り過ぎていったコウ、咥えていた椿は夏芽の口から落ちる。まるでそこに大友が存在していないかのように。

 

f:id:something_ever_after:20171104014042j:image


大友が決して割り込むことが出来ない2人の世界を目の当たりにしているようで、私は観ていて苦しかったです。

 

④笑顔


大友が唯一、夏芽に求めたこと
それが笑顔です。


「笑ってや、なぁ。

笑ってよ。

わろてよ、なぁ、

笑えよ…。」



別れを切り出された大友は小さな声でそう言います。あんな切ない顔見たことない。役とは言え、見ているこちらも苦しくなりましたよね……



コウに心ごとすべて持っていかれていて、でもコウに近付くたびに傷付けられていく夏芽をおそらく一番近くで見ていた大友は、自分の力でどうにかして彼女を笑わせたい、幸せにしたいと思ったんでしょう。
でも、大友は最初から全部分かっていた気がします。自分が好きなのは、自分のことを好きな夏芽ではなく、コウのことが好きな夏芽なんだと。

あれだけ笑わせてあげたいと願ったのに、自分に別れを告げるとき、「嫌いになって」と言って泣いた夏芽。

私が大友だったら、泣いた理由もコウを忘れられない罪悪感からきているものなわけで、どれだけそばにいても、自分には笑わせることも、泣かせることすらできないんだなって、そう思うとおもいます。(すぐそうやって大友になろうとする)

でも大友くん、夏芽ちゃん、最後ちゃんとわらってたよ


f:id:something_ever_after:20171104014126j:image

 


⑤握手

 

付き合い始めと、お別れの時。
大友は同じように手を差し出します。

 

 

f:id:something_ever_after:20171104014159j:image


笑わせるから、頑張らせてと言って出した手。

最後には、「友達や」
と言って同じように手を差し出してさよならするんですよ。

こんな悲しいお別れありますか(メソメソ)


この日の夜、大友くんは何を思ってベッドに入っただろう。
泣いたりしなかったかな、
そればかり心配になります。



大切だから触れるのにも恐る恐るで
触ろうとしたのに一回手を引いてしまうような。



キスする前のたった一度だけしか下の名前で呼べないような。(夏芽って呼ぶのはここだけなんですよね苦しい)

 

なんて愛おしいんでしょうか。


一年経って改めて見返して思ったことは
やっぱり大友勝利という人はとても愛おしい人だということ。
人をまっすぐ愛せることができて、みんなに愛されるひと。

 

そんな大友が今日もどこかで笑って生きてるんじゃないかと思わせてくれるのは、俳優・重岡大毅の力だとおもいます。


大友が今日もどこかで幸せでありますように。


 

エンドロールで堂々と3番目に名前が流れてくるのを観ると、私はとても誇らしい気分になります。


 

 

私が好きなグループの、大好きなセンターは、こんなに素敵なひとなんだぞ、と、世界中に自慢してまわりたいくらいですね、ほんとに。

 

どうか、まだこの映画をご覧になられたことの無い方も、重岡くんをよく知らないよという方も、是非一度。


きっとまた、彼の笑顔に会いたくなるはずです。

 

 

音楽に関して雑食な私が重岡大毅くんにカバーしてほしい曲五選

 

私は90年代によく歌われていた「感情をオブラートに包まずどストレートに歌詞にしている曲」がすごく好きです。

勿論、感情の細かいニュアンスを絶妙に表現している言葉や、ハートにズシーッと響くワードがふんだんに盛り込まれている、でも聴いていてどこかムズムズする昨今の音楽も好きであります。

(要はみんなちがってみんないい)

(逃げた)

 

私ごとではございますが、学生時代からずっとELLEGARDENが好きで、細美武士さんが参加されているバンドはもれなくチェックしていたりなど、好きなアーティストとして挙げているグループもあるのですが、なんと言いますか、昔から音楽に関してはアレコレ好きなものを一曲ずつ、みたいな感じで幅広い界隈からかいつまんで聴いてきたタイプの私。

周囲の友人が非常にバラエティに富んでおり、アイドル好きは勿論、90年代懐メロ好きからヴィジュアル系バンド好き、ロック好き、洋楽好き、アニソン好きなど幅広い音楽に触れる機会があり、「歌詞がいい」「メロディがいい」となると各界からちょこちょことつまんで嗜むタイプだったので音楽に関しては雑食な面がございます。

 

そんな風に様々な音楽に出会う中で、歌詞がやけに自担に合うなぁ、だったり、これ歌ってるとこ聴いてみたいなぁ、とか。オタクをやっていたらそういう妄想することは良くあることかと存じます。

 

私、すごいする。

 

他のバンドのライブに入っていても、曲中で「うわちょっと待っていまのフレーズ重岡くんに歌わせたい」「いまの高音歌う小瀧くん鮮明に浮かんだしんどい」とかって思う時があるんですね。

(邪念まみれで参加しててすみません)

 

 

ええ、この記事はその欲望の現れです。

重岡くんは笑顔が素敵で、いつでも私たちに元気を惜しみなく分けてくれます。

 

が、そこには恐らく計り知れない苦しみがあり、悩み抜いたいまの姿が、いまの重岡大毅を作っているのだと!そう思ってやまない系のオタク!それが私だ!!!

そんな彼が切ない曲を歌うという破壊力!!!ああそうだよもはや捏造だよ!!!

 

取り急ぎ、重岡大毅くんにぜひ歌っていただきたい曲を、紹介させていただきとう御座います。

 

 

ジャニーズWEST重岡大毅さんにカバーしてもらいたい切ない曲五選(2000年代ver.)

(※異議もあるかと思いますが、一旦目をつぶってお楽しみください)

 

 

1.「もしも時を飛べるなら」サスケ(2007)

 

こちらは完全に、歌ってらっしゃるサスケのお二人の声質です。高音を苦しそうに歌う重岡くんが見たいだけです。

 

「逢いたいよ」夜更けの留守電に残した

明日の朝 君が笑顔で聞いてくれるように

 

夢を叶えるために離れた男女の話(だと思う)なんですけど、彼の方が、なんかちょっと女々しいのが良い。

逢いたいよ、って言ってるのは彼の方なんですよ!!!ハァァァ!!!

サスケの曲って、ジャケットも淡い滲んだ色鉛筆みたいな色味が多くて、曲の感じも澄んだ青!っていうイメージがあって。なんか優しいんですよね。

重岡くんは暖色のイメージが先行するけど、あの屈託のない笑顔はやっぱり綺麗な青のイメージがあるのでピッタリだとずっと思ってます。

 

 

2.「プロローグ」椿屋四重奏(2005)

 

私、椿屋四重奏さんが活動されている時はほぼ曲を聴いたことがなくて、恥ずかしながら最近おともだちにご紹介してもらって、漁って聴くようになったんですね。活動されてる時に知っていたかった……

ボーカルの中田裕二さんの色っぽい声、欲しい時にくる低音、そこでやるか、と唸りたくなるリットっていうんだろうか…わからんけどワンフレーズの中でも急にゆるやかにしたりするんだよ……

とにかく大人の色気と切なさがまじった曲をよく歌っていらっしゃるイメージなのですが、こちらは割と爽やかなナンバー。

 

有り余った悲しみを連れ添って拾いに行くのさ

全ての夜を渡るための子守唄を

 

重岡くんの笑顔でこのフレーズ歌われてしまったら号泣必須、かと。

悲しみも全部連れて、次の日を恐れず夜を超えよう、って意味なのかなと思って聴いてます。

 

 

3.「遠き日」アンダーグラフ(2006)

 

日本版「私の頭の中の消しゴム」の主題歌だったので、きっと聴いたことある!という方も多いかと!!!

同年代の方、アンダーグラフの「ツバサ」ってめっちゃ流行ったでしょ?アンダーグラフ、他にも良い曲あるんですよ。

 

メロディ自体はゆる〜くて、一件切ない曲には聴こえないかもしれないので、歌詞を!歌詞を見てください!!!

 

「約束を破った僕は今も 君の海を泳いでいる」

 

「約束を守った君に僕が 何をしてあげられるだろう」

 

一番と二番の最後の歌詞が対になってるんですね。

ギターかき鳴らしながらこのフレーズを悲しそうな顔で歌う重岡くんが浮かびました。

なんかああいうドラマにも出て欲しいですね、記憶をどんどん無くしていく妻を苦しみながらも支える夫……うう……すごく良い演技が見られそう……

 

 

4.「なれずに」唄人羽(2009)

 

これも同年代の皆様、流行りましたよね?うたいびとはね。こちら、切ない失恋ソングです。

 

君の大切な人にはもう「なれずに」、っていうね、すごい切ない。泣きそう。

 

忘れることがいい事だと思う自分が悲しかった

 

なんか、このズシっとくるどストレートな表現!!!これを重岡くんが言うって思うだけで鳥肌が立ちます(もしかしたら私だけ)

 

彼らの楽曲、「流星」にまつわる曲も多いので、藤井担の皆様にもオススメ!

なんか今日は綺麗な声聴いて泣きてえなぁ〜って日に、ぜひ夕焼けでも見ながら聴いてください。100パー泣きます。

 

 

5.「音のない世界」My Little Lover(2009)

 

唯一の女性ボーカルの楽曲!私の大好きなMy Little Lover!!!(知らんがな)

 

皆さん覚えていらっしゃいますか!昼ドラ「ラブレター」の曲です!鈴木亜美さんの!!!あれです!!!

私あのドラマがとにかく好きでですね……ああ懐かしい。

1オクターブ下げて歌うか、なんなら頑張って原曲キーで歌って欲しい。きっと顔をしかめて歌うと思う。ヒィハァ。

 

君がそこにいるだけで 僕は嬉しくて 穏やかになれる

 

この歌詞がね、重岡くんにぴったりではないですか?自然とあの笑顔が浮かびます。

 

 

f:id:something_ever_after:20170922172833j:image

 

 

 

重岡くんに歌って欲しい、という趣旨で書き始めたこの記事、最終的に私のオススメの曲紹介しただけみたいになってしまいましたね。あながち間違ってはいないのでまあ良しとしましょう。

もし気になった曲があれば、ぜひ重岡くんが歌っているところを想像しながら、楽しんでいただけたら幸いです。

 

きっとこのシリーズ、(自分のまとめの為に)続く。

 次は90年代かな。